Top Menu

クリスティアン・バスティアンス 《越後妻有版「真実のリア王」》(2003) ー 里山のお年寄りたちによる、人生の独白。素顔で演じた喪失と再生の幽玄劇|美術は大地から 🔗


クリスティアン・バスティアンス 《越後妻有版「真実のリア王」》(2003年) ー 里山のお年寄りたちによる、人生の独白。素顔で演じた喪失と再生の幽玄劇

越後妻有アートトリエンナーレで知られる「大地の芸術祭」の公式WEBマガジンでの名作紹介記事。作家への新規取材による解説と、関係者コメントで構成。

執筆と編集(CINRA.NET編集部 川浦慧さんとの共同編集)

Copyright © Shinichi Uchida. Designed by OddThemes