MAM Documents 003 現代美術館は、新しい「学び」の場となり得るか? エデュケーションからラーニングへ|森美術館


[accordion]
[item title="概要"]編集を担当。2017年2月に森美術館が東京で開催した国際シンポジウムと「ラーニング・ウィーク」の記録集。国内外の専門家、アーティストの議論を収録。関係各機関への配布(美術館図書館含む)のほか、森美術館ミュージアムショップで販売。日英バイリンガル、319頁。
[/item]
[item title="目次"]
  • ごあいさつ|南條史生(森美術館館長)
  • 国際シンポジウム
    現代美術館は、新しい「学び」の場となり得るか? エデュケーションからラーニングへ
  • イントロダクション|片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)
  • 基調講演
    • テート・ラーニングのビジョンと実践
      アナ・カトラー(テート、ラーニング・ディレクター)
    • ソーシャル・プラクティス・アーティストと美術館
      スザンヌ・レイシー(アーティスト)
    • パブリック・エンゲイジメントを生むキュレーション
      ナット・トロットマン(グッゲンハイム美術館 パフォーマンス&メディア・キュレーター)
  • Session 1|現代アートと社会:アーティストたちの実践から
    • イントロダクション:日本のソーシャリー・エンゲイジド・アートの潮流
      工藤安代(特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター代表)
    • 想像、コンテクスト、そして想像
      N・S・ハルシャ(アーティスト)
    • 美術館で生み出す出会いのスペース
      ペドロ・レイエス(アーティスト)
    • 願いは家を出て通りへと向かう
      クリストフ・シェーファー(パーク・フィクション主宰)
    • 「オークランド・プロジェクツ」の10 年を考える
      スザンヌ・レイシー(アーティスト)
    • ディスカッション
      N・S・ハルシャ、ペドロ・レイエス、 パークフィクション(マルギット・ツェンキ/クリストフ・シェーファー)、 スザンヌ・レイシー
      モデレーター|片岡真実
  • Session 2|新しい学びの場とは?
    • 時代と共にある美術館の学び体験|逢坂恵理子(横浜美術館館長)
    • 美術館とコミュニティの連携|住友文彦(アーツ前橋館長)
    • ディスカッション
      逢坂恵理子、住友文彦、アナ・カトラー、ナット・トロットマン
      モデレーター|片岡真実
  • ラーニング・ウィーク
    • トーク:日本の美術館と教育:変わりゆく時代に創造性をひらく
      塚田美紀(世田谷美術館主任学芸員)
    • ラーニング・キャンプ 1:ソーシャリー・エンゲイジド・アート入門
      工藤安代、清水裕子、秋葉美知子(特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター)
    • ラーニング・キャンプ 2:私たちは学んでいる:美術館と実験的なアート・ラーニングのこれから
      遠藤水城(HAPS代表 /インディペンデント・キュレーター)
      西尾美也(美術家)
      ロジャー・マクドナルド(特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]副理事)
      コメンテーター|サンドラ・シコロヴァ(テート・モダン、ラーニング部 パブリックプログラム・キュレーター)
      モデレーター|堀内奈穂子(キュレーター/アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]メンバー)
    •  ラーニング・キャンプ 3:アートと社会:エンゲイジメントという「つながり」を学ぶこと
      ペドロ・レイエス(アーティスト)
      菊池宏子(アーティスト/特定非営利活動法人インビジブル クリエイティブ・ディレクター)
      毛利嘉孝(東京藝術大学教授)
      モデレーター|サンドラ・シコロヴァ(テート・モダン、ラーニング部 パブリックプログラム・キュレーター)、林曉甫(インビジブル マネージング・ディレクター)
    • プログラム
      • 森美術館「N・S・ハルシャ展」関連ラーニング・プログラム
        • アーティストトーク:出展作品《ここに演説をしに来て》の世界
        • ティーンズ・プログラム:アーティストと出会う
        • シニア・プログラム:シニアって何?シニアって誰?
        • ヨガしてアート:身体を動かしてアート鑑賞 Supported by Reebok
      • ペドロ・レイエス《銃をシャベルに》植樹プログラム 
  • おわりに|高島純佳(森美術館ラーニング・リーダー)
      ※登壇者の所属・肩書は開催当時のもの。
      [/item]
      [item title="クレジット"]
      編集|内田伸一
      白木栄世、高島純佳、熊倉晴子[森美術館]
      翻訳|秋葉美知子、ウィー・ジングウェン・ダーリル、パメラ・ミキ・アソシエイツ、ウォード浅沼道子、藤森愛美
      英文校閲|ルイス・ウォード、パメラ・ミキ・アソシエイツ
      デザイン|森 大志郎+小池俊起
      企画・発行|森美術館
      印刷|印刷・製本 株式会社ライブアートブックス
      発行日|2018年5月31日
      ISBN|978-4-902819-43-4
      [/item]
      [/accordion]
      ラベル: , ,
      [blogger]

      Author Name

      連絡フォーム

      名前

      メール *

      メッセージ *

      Powered by Blogger.