森 大毅インタビュー|MdN




音声科学の専門家に聞く 声に潜む個人性や感情の科学的な読み取り方


MdN 2017年2月号 特集「キャラの声をフォントで表現する方法」

宇都宮大学電気電子工学科の森 大毅 准教授にお話を聞きました。
アニメのキャラクターの声をフォントで表現する、というテーマの特集のなかで、ヒントになる領域の専門家に会いにいくパートにて。

「何やってるの?」というひとことも、会話では話され方によって優しい問いかけにも、避難の言葉にも、呆れた気持ちの表明にもなる。人が話す際のそうした非言語情報を運ぶ「パラ言語メッセージ」のお話が興味深かったです。
ラベル: , ,
[blogger]

Author Name

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.