混迷の時代にこそ真価が問われる「アートにできること」:2010年の日本、「芸術は可能か?」