『忘れないための被災地キャラバン』記録冊子


2014年11月に宮城県で行われた『忘れないための被災地キャラバン』の2日間の記録と、参加者のエッセイをまとめた小冊子。


『忘れないための被災地キャラバン』は、全国から集ったアーティスト=小山田徹(美術家/京都)、鶴見幸代(作曲家/沖縄)、藤浩志(美術家/福岡)、マルチナス・ミロト(ダンサー/インドネシア)と公募による参加者がバスに同乗し、宮城県の女川町、石巻市雄勝、南三陸町歌津などを訪問。その経験について、一部の訪問先の方も交えて語り合った試みです。

テキスト校正と編集面で少しだけお手伝いしました。
編集・デザインは対話工房の海子揮一さん。
企画・製作はえずこ芸術のまち創造実行委員会 仙南芸術文化センター(えずこホール)

詳細:『忘れないための被災地キャラバン』記録冊子|対話工房
[blogger]

Author Name

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

Powered by Blogger.